KnowledgeBank(運用・市場情報)

This web site uses cookies; by continuing to browse you consent to our cookies usage. See our policy for more details.

×
日本:見直しの好機が到来

過去数年間では初めて、日本のマクロ経済、企業動向、政局が足並みをそろえて改善に向かっているようです。多くの投資家が日本のコーポレート・ガバナンス動向に注目する中で、日本企業は着実に企業改革を進め、競争力の再構築に挑んでいます。これらはまだ十分にグローバルの投資家の期待に反映されていないと思われ、今は日本を見直してみる良い時機かもしれません。

 
2016年12月 |
フォーカス

実りのときを迎えるコーポレート・ガバナンス改革

執筆者: 岩井 克浩, CFA, ...

前例のないミクロレベルの改革が日本で起きています。...

関連テーマ: 日本:見直しの好機が到来

 
2016年12月 |
マーケット

日銀政策への米大統領選の影響

執筆者: ポール・ ケイビー

日本は、トランプ氏勝利による米国債利回りの上昇で最...

関連テーマ: 日本:見直しの好機が到来

 
2016年12月 |
フォーカス

競争力の再構築に挑む日本企業

執筆者: ビクター・ チェリアン, CFA, ...

日本企業は様々な逆風に対して適応し、競争力を再構築...

関連テーマ: 日本:見直しの好機が到来

 
W_lock
2016年09月 |
セクター
| サインイン

日本の金融・財政政策:次の選択肢は?

執筆者: ポール・ ケイビー, ...

投資家は、急速に低下しているインフレ期待や低水準の...

関連テーマ: 日本:見直しの好機が到来