会社情報

This web site uses cookies; by continuing to browse you consent to our cookies usage. See our policy for more details.

×

ダイバーシティ

私たちは、資産運用ビジネスで成功するためには、多様な人財がお互いを尊重する環境作りが不可欠であると考えています。市場が複雑さを増し、優秀な人財の獲得が難しくなり、お客様のニーズが多様化する中で、ウエリントンでは優秀な人財を集め、採用し、育て、長く共に働くために、グローバルに一環したアプローチを共有しています。私たちは、年齢、性別、人種、国籍、性的指向、民族性、教育、コミュニケーションスタイルなど、多様な経歴と経験を持つ人財を採用しています。それは、互いに異なるということが、常識にチャレンジし、創造的なアイディアを生み出す力となって、私たち自身の生活だけでなく、お客様や同僚との関係を豊かなものにするからです。

多様性と受容性を生かしたビジネスへの取り組み

 

掲載資料及びビデオに関する注意事項arrow

ウエリントンのダイバーシティへの取り組みは、CEOから始まり、マネジャーから全従業員へと広がる、全社的なものです。パートナーの1人が議長を務めるダイバーシティ委員会が、この取り組みを継続的に支援しています。私たちはダイバーシティへの取り組みにおいて、人財、企業文化、コミュニティの3点に関連した具体的な目標を定めています。

「ウエリントンには、『Seek a wide audience - 幅広く意見を求めよう』という素晴らしい言い回しがあります。その意味は、多くの異なる考えを参考にし、それぞれの知見と立場を理解して役立てよう、ということです。この多様な考えは、結果的にお客様にとってより良いソリューションを生み出す力となると考えます。」

ブレンダン・ソーズ、会長兼CEO

人財に関する取り組み

私たちは、多様なお客様のご要望を理解し、お客様のご期待を上回るために、お客様と同じくらい多様な、卓越したチームを作り上げることに注力しています。この目標に向かって、私たちは様々な経歴やグローバルな環境での就業経験がある学生やプロフェッショナルを採用し、育て、繋ぎとめる努力を行っています。また、下記を含む様々な外部の団体とも提携しています。詳細については「キャリア」のページをご参照ください。

ウエリントン・マネージメントは上記のいずれの組織の傘下にもなく、また、いずれの組織の支援も行っておりません。 Wellington.comは一部で、弊社のプロダクトおよびサービスとは直接関係のない情報を提供しております。同ウェブサイトにあるリンクをクリックすると弊社ウェブサイトを離れ、他の団体が運営するウェブサイトにつながる場合があります。弊社はこの第三者ウェブサイトの内容については一切責任を負うものではありません。そうしたウェブサイトにアクセスされた場合には、弊社のウェブサイト保護下でなくなり、弊社の個人情報保護方針およびセキュリティ対策の対象ではなくなります。アクセスするウェブサイトの個人情報保護方針およびセキュリティ対策をご確認されることをお勧めします。

ウエリントンでは、人材開発とダイバーシティへの理解度向上を目指し、実務上知っておくべき事やスキルについて従業員への教育の機会を設けています。例えば、無意識の思考バイアス、クロスカルチャー能力、仕事・コミュニケーション・思考スタイルや世代間の違いの認識などを学ぶクラスがあります。

「多様性の受容は、ウエリントンの協調の文化を強化し、革新的な考え方を
もたらすことで、私たちがお客様のために優れた運用成果を追求する助けと
なります。」

ショーナ・ファーガソン、
ディレクター、グローバル・ダイバーシティ・アンド・インクルージョン

企業文化

ウエリントンの企業文化は、お客様への注力、コラボレーション、互いを尊重した議論、異なるアイディアを尊重する精神に根ざしています。これらの精神は共有され、受け継がれ、ウエリントンという会社を形作り、そして多様性を尊ぶ私たちの考え方の基礎ともなっています。私たちの事業がグローバルに展開されてゆく中で、この企業文化を強化してゆくために出来ることがもっとあると私たちは認識しています。

ウエリントンの全ての従業員には、運用、採用、ビジネス判断において無意識の思考バイアスが入り込むことを防ぎ、受容的な態度を示すことで、この多様性と受容性の企業文化に貢献する責任があります。例えば、ウエリントンの運用者は、日々のモーニング・ミーティングの中で多様な異なる意見を尊重し、議論を戦わせています。こうした協働の精神はお客様へのよりよいソリューションの提供に役立っていると考えています。

多様性を受け入れる文化を育むためのグローバルな取り組みにおいて、多様なビジネス・ネットワークやワーキング・グループの活動が重要な役割を果たしています。業務や職場は異なっても、同じ価値観を共有する社員が連携し、社員の意欲向上、採用、人材開発・教育、地域社会への貢献のための活動を行っています。こうした活動がグローバルで部門横断的な視点がもたらされ、お客様に私たちの最良のサービスをご提供することができます。詳しくは「ウエリントンの社内ネットワーク」をご覧ください。

コミュニティと社会貢献

私たちは、私たちが働き、生きている地域社会に様々な社会貢献活動を通して関わることを重視しています。これらの取り組みでは、人種や性別、収入の違いなどが異なる子供たちの教育水準の差異を埋めるための橋渡しをすることに注力しています。また、フォーラムでのナレッジシェアリングやメンター活動、ボランティア活動などを通しても、地域社会に貢献しています。

ウエリントンは、サプライヤーや取引相手からの調達を含め、ビジネスのあらゆる次元での多様性を重視します。物品やサービスの直接・間接の提供者として最大限に多様なサプライヤーを活用することで、私たちの受容性の原則を反映した強力な供給ネットワークを築いています。私たちのこの取り組みは、サプライヤー間の競争を促し、結果的にコスト削減の可能性を高めると共に、私たちが事業を展開する地域社会に対する経済的還元を可能とします。私たちの多様な提携先サプライヤーには、マイノリティや女性、退役軍人、障害を持つ人、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーが経営する事業体が含まれます。詳しくは「社会貢献活動」をご覧ください。

数字でみるダイバーシティ

すべての数値は2016年12月31日現在