会社情報

This web site uses cookies; by continuing to browse you consent to our cookies usage. See our policy for more details.

×

息づく協調の文化: モーニング・ミーティング

想像してみてください。数百名ものポートフォリオ・マネジャーやリサーチ・アナリスト、その他の運用プロフェッショナルが集い、あるいは世界各地の拠点から回線をつないで、タイムリーな投資アイデアを議論する光景を。

ウエリントン・マネージメントのモーニング・ミーティングへようこそ。 ここでは、だれもが平等に協調する企業文化が長年にわたり息づいています。50年以上にわたり、私たちの一日は、このダイナミックなアイデアの交換、世界中の多様なチームからもたらされる意見の共有と議論から始まります。

掲載資料及びビデオに関する注意事項arrow

有益な投資情報をタイムリーに共有

ウエリントン・マネージメントは、600名以上の投資プロフェッショナルを世界中の拠点に配しています。彼らは、何千もの企業やリサーチ会社、お客様と会い、競合他社を評価し、政策担当者に話を聞きます。このリサーチから得られる洞察が日々のモーニング・ミーティングや他のフォーラムで共有され、資産クラス、運用アプローチ、地域の垣根を越えてアイデアと人を結びつけます。


「最も優れた運用者であっても時には間違えることもあります。だからこそ、異なる考えに耳を傾ける、さらに言えば、積極的に他者の意見を求める姿勢は価値あるものです。私たちはそれを可能にする環境づくりを目指しており、毎日のモーニング・ミーティングもその一つです。」ブレンダン・ソーズ、会長兼CEO

自由闊達なコラボレーションを促すプロセス

モーニング・ミーティングの進行役は、週ごとに指名される運用プロフェッショナルが務め、トピックは参加者が提出する「コメント・カード」から選ばれます。このコメント・カードには、あるテーマについての参加者の独自の意見やそれに基づく投資行動が記されています。オープンで形式張らないミーティングの雰囲気が、資産クラスや運用アプローチを問わず意見を喚起し、討論を活発化させます。議題は、企業利益の分析からマクロ経済や政策動向、特定のセクターや産業に関する評価に至るまで多岐にわたります。この積極的な意見の共有がウエリントンのリサーチ・アプローチを他社とは違うユニークなものとし、最終的には運用アプローチの強みともなります。